除夜のテキストラーイク祭り


スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【スポンサー広告】
この記事のURL: http://textlike.blog84.fc2.com/?overture" target="_new

「ストラーイク、年の暮れ。」


僕の年末その1




止まってるように見える雪。
真夜中の黒に映える雪はその落ち方がぎこちない感じがする。…あ。雪って『降る』んじゃなく『舞う』のかなって。雪国に住んでみるとそう思える気がする。


だから、ズボンのスソが濡れようともしっかりと雪道に足を挿さなきゃいかん。


ざっくり、ざっくり、ざっくり…。


ざっくり、ざっくり、ざっくり…。


足跡が道を作る。これは僕の歩いてきた証。


ざっくり、ざっくり、ざっくり…。


ざっくり、ざっくり、ざっくり…。


少し立ち止まってもいいだろうか。少し戻ってみるのもいいだろうか。




「やばい、家のカギ見つからん。」




(壊れてます。)







僕の年末その2




風呂場は戦場です。
何が?って、すんごい寒いんですよ。寒い寒い寒い。だから、お風呂入ってる時に洗濯機のフタ閉め忘れてピッポピッポ鳴ってしまったりすると、止めるために風呂のドア開けるじゃないですか。もう、ホントガチガチガチ。身体なんかもう身を寄せ合ってとかって意味分からんけども、とにかく縮こまって、なんていうかロダンの考える人みたいなポーズを自然に取ってたりするんですよ。


やーもうね、本当に命張ってる訳ですよ。そんな時にですね、ドアなんか勝手に開けられようものなら、その人に殺意を抱きますね。確実に。


あ、ちょっと待って下さい。その開けた人がヤロー(男)だったらば、もう本当殺意殺意、殺すでオドレで、それこそ生死をかけた戦いとかに発展すると思うんですよね。でもね、これが女性だった場合はそれこそ生死っていうより、むしろ精子をかける戦いとかに発展したいですよね。うんうんうん。だからね、ホント、どこガチガチにしてんだよって感じに身を寄せ合って確実にセックスセック…、






…って、バカヤロウ。


寒いのはね、心ですね。


だからね、心の温まる呪文を唱えますか。






「風俗に行ってみたいです。」







僕の年末その3




実家は東京で社内恋愛熱愛中の先輩と大阪出身現在独り身の僕とのありふれた日常会話。


 「先輩はクリスマスどうされるんですか?あ!何かプレゼントとかされるんですか~?」


 「や。向こう東京だから、今度はこっちに来て一緒にケンタのパーティなんとか食べる。もう予約してきたよ。」


 「え?彼女さん、お仕事休まれるんですか?」


 「うん、そうみたい。あんまり季節感のない部署みたい。俺もその日は残業しないね。」




…チクソー!と。


こちとら朝から晩までなんか10㌧やら6㌧やら、もうトントントントントントン…


ってうるさいわ、お前はおじいちゃんの肩叩いてる可愛いお孫さんかって言いたくなる訳ですよ。クリスマスはケーキでもラインに乗せて、機械をクリームまみれにしてやろうかって言うてる訳ですよ。


なので。


ここはガツンと言うてやらなアカンと思いました。お前、浮かれ気分もたいがいにしろやと言うべきやと思いました。










 「今度、彼女さんの女友達を紹介して下さい。」


(ガツーン!)







最後に




今年こんな感じのことがあって、だいぶハード。…だった方も。そうでない方も。よいお年を。


(なんか一度に書き上げて人格が分裂気味だ。)



 
 
 

著者:「だいぶハード。」ったいさん

スポンサーサイト
【TOP】
この記事のURL: http://textlike.blog84.fc2.com/blog-entry-12.html

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。