除夜のテキストラーイク祭り


スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【スポンサー広告】
この記事のURL: http://textlike.blog84.fc2.com/?overture" target="_new


僕のような気持ちの悪い人間は人権は認められていないのですが学籍を取ることは可能なようですので、しばしば外の世界におびえながらもガッコに電車でランナウェイしたりします。正確に言えば大学に電車で通学します。かかっている先生の方には散々「だから全ての人間が僕の悪口を言っているんです」と訴えているのですが先生は「耳をすまして良く聞いてごらん。君の悪口なんかじゃないだろう?」というクソ不毛な反論を繰り返すのみなので、送迎用の医療費負担が自費になることを考えると、電車通学にせざるを得ないのです。僕の苦労がわからないやつは皆生きている価値がありませんとおもいます。でも先生が、せんせいがいなくなったら僕は世界の中でこりつしてしまうのです。ですから、ばくにはせんせいがひつようだとおもいました。せんせいはくろうをわかてくれそうではないけれども、みんながぼくおわるくちいったりしますからに、せんせいがいないとばくをまもってくれるひとたちがいないのです。だからせんせいがいないとたいへんなのです。たいへん、たいへん


まあアルジャーノンゴードン効果はどうでもいいのですが、そういうのより大切なことがあるということを伝えておきたい。昨今はクリスマスであります。街は今クリスマスムード一色とかそういうの。ようするに聖誕祭なんだよ。クソの祭りだな。そういうあれなのであります。この文章が出る頃にはクリスマスとか関係なくなってるかも知れないけど、今は俺時間で進行しているからそう言うのは無視します。誤差平均であります。そう言うことでクリスマストークを通して、あなた方の心をちょこっとだけ温かくしちゃうぞ☆などという格好の記事を書いているウェブログは全部DOS攻撃喰らってアクセスできないようになればいいです。クリスマスに自分を卑下してそれで以て受けを狙おうというスタンスには関係なく幸せな思いをしているやつは全員モミの木に貫通されて死んでしまえばいいと言っているんだよ。雪に体温を奪われろ。そうして後悔してから死ね。ぷっぷっぷー。憎い人間に対して死んでおしまいなさいと言うだけ僕は優しいのです。これがヤクザだったらすぐに撃ち殺されてるぞ。馬鹿野郎。等々のひとりごとをぶつぶつ呟いているその駅のホームで見かけた、クリスマスプレゼントを抱えて電車を待つサラリーマン。




出た。これは本当の話なのですが(僕はいつも本当のことしか言いません)、クリスマスまで幾日もあろうかという十二月のある日、というか今日、身の丈ほどもあろうかという電子キーボードの箱を抱えたサラリーマンがいました。電子キーボードというのは持ち運べるピアノのようなやつのことで、インターネットばっかりやってる人が思い浮かべるキーボードのことじゃありません。*注意!。それでサラリーマンはマイホームパパとかそういう感じのお方でありまして、これは明らかにクリスマスプレゼントであります。僕の直感なのでした。もしかしたらば中年になってからシンセサイザーに目覚めたとかそういう教育テレビタイプのお方である可能性もありますが、ここでは誤差平均をとっているので無視しました。電車に、子どもへのプレゼントを買って持っている大人がいたのです。僕は驚歎して思わず失禁しそうになりました。そして唾を吐きかけたくなる衝動が僕を襲ったのでした。それは当然の成り行きでした。




だってあれだろ。子どもにプレゼント。ピアノの類と言うことは、その子どもは高確率で女児であるということが導かれるだろ。男の子どもだったなら確実にそのリーマンはプレゼントとかいって電子キーボードは持ち歩かない。多分無線キーボードとか買って「これでネットしやすくなるよ。」が関の山。つまりこの汚らわしい大人は異性に媚びているのです! どうですか、よく審議されよ! この土着民は、聖誕祭にかこつけて、女児に貢ぎ物をしているアンチクリストであります! 女児にプレゼントを贈呈して期待する展開など、一本線で至極単純なものであります! つまりプレゼントを受け取ったその、喜ぶ顔が見たいから、という言葉が既に欲にまみれている。お前は子ども、言わんや女児の喜ぶ顔に喜ぶ顔以上のものを期待している下等の精神の持ち主だな。言ってみなさい。素直に罪を告白しなさい。自分が贈り物をすると言いながら、それによる女児からの何かの享受を期待しているということを。自分が求めているのは喜ぶ顔などではなく、女児の悦ぶ顔だということを。その女児の無垢な白い素肌に、サンタクロースの纏う衣装より鮮烈で淫らな紅潮を奔らせてみたいという事を!




あまり言うと僕の方が逆に変質者扱いされてしまう危惧があるので下手に深入りはしませんでしたが、その偽善者面のサラリーマン、おそらくろくな考えなど持っていないでしょう。というかどうでもいいですね。プレゼントでも何でも勝手にやればいいよ。僕は寒いからコンピュータのプロセッサの発熱さえあれば温かくなっていいです。コンピュータ大好き。チチチチュチュチュチュッ。緑の基盤、紅い配線、綺麗だよ、めりー……くりすます……





著者:「時計回りの街角」?_toru

スポンサーサイト
【TOP】
この記事のURL: http://textlike.blog84.fc2.com/blog-entry-11.html

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。